ごあいさつ

瓢亭は伝統や暖簾に守られ、400年の歴史を育んでまいりました。不変の存在に見える老舗ですが、
時代の淘汰を幾度となく切り抜け、新しい挑戦をしてきました。名物の瓢亭玉子をはじめ、懐石料理や朝がゆ、お弁当などは、
時代に沿いながら店の遺産に手を加え、発展させたもので、今では瓢亭のゆるぎない味としてあります。
常に自然体で背伸びをせず、伝統を踏まえながら茶道の精神を守りお作りする、京料理の真髄をお楽しみ下さい。

本館

くずや

「くずや」とは草葺き屋根のことである。
この茶室は、四畳半と二畳台目で、瓢亭創業時より残っている貴重な建物である。

深泉亭

深泉亭、明治中頃に建築された四畳半の茶室である。目を引く意匠は三角形の袋棚。
朱塗りの縁のある花頭窓には酸漿の香合。内部は細目の寒竹で仕上げられている。

本館 お料理

料金詳細

別館

料金詳細

朝がゆ/お弁当

※季節により食材が異なる場合がございます。

おみやげ

小史

先頭へ戻る